発電事業木質バイオマス事業

小規模多設型バイオガス事業

小規模多設型バイオガス発電システムとは、同一地域で、各バイオ資源もしくはバイオ熱を利用する施設の近隣に、複数の小型バイオガス発電設備を設置し、分散で運営するシステムです。

従来の集中型イメージ

  • 設置工事が複雜で、工事期間が長い
  • 燃料の運搬費用が高く、収集が難しい
  • 発電施設の運営、保守が難しい
  • 故障リスクが分散できない
  • 高圧/特高圧により、連系費用が高い

小規模多設型イメージ

  • 設置工事が簡単で、工事が短い
  • 燃料の運搬費用が安い
  • 遠隔管理が可能で、主任技術者が不要
  • 故障リスクが分散できる
  • 低圧連系なので、連系費用が安い

小型バイオマスコージェネレーション装置

「ジャパンマイクロバイオマス」コージェネレーション装置は間伐材など木質チップから、「合成ガス燃料」に変換し、ガスエンジンにて発電する装置です。

小型パッケージ化された装置である為、広い敷地及び複雑な工事は不要。
工場や公共施設でも簡単に設置可能です。

特徴

プロセス